フォーシング

投稿者: | 2017年4月2日
この記事のURL:http://barbara.peintre-celebre.com/weblog/blog-entry-83.html

正念場の2017年度が始まった。
今一家は新たなスタート地点に立っている。
今後は敵一味の策略や操作に振り回されることの無いようにしなければなるまい。

最近フォーシングなるものがあることをツイッターで知った。
フォーシングの詳細は下記ページにある。
フォーシング
フォーシングとは、要するに自分の意志で選んでいると思い込ませながらその選択を操る悪辣な手口である。
思い込みに乗じて暗示や引っ掛けなどの悪事をなすやり方もあるという。
これを知った時、私は即座に敵一味のやり方がこれだったとわかった。

敵一味のフォーシングの特色として、殆どのケースでそれが敵一味の利益若しくは利害に直結していたことが挙げられる。
もっと云えば、私にとっての損失はその殆どが敵一味にとって利益に直結しており、余計な売り買いや余計な物を買わされたことでハタカサレたことや人工透析に貶められて宗創医連合軍が不当に利益を得ていることがこれに当たる。
更に遡れば、未だ真実が隠蔽されていた時代に情報の小出しによって無用に踊らされて無用の機材換えをさせられ当時最高レベルとなっていた機材を失ってしまったこともあった。これにはSG現場の工作員どもが関与して、フォーシングに気付かせずにその結果を納得させる役割を担っていた。
2013年に惹起した前代未聞の機材不祥事も敵一味によるフォーシングであり、この不祥事による損失が現在にまで尾を引いているのである。
その後機材を立て直したが、2014年の聖域なき見直しに際して敵一味は汚い手段で矛先を逃れ、しかも無用の損失を負わせようとしたのである。
以前の記事でも書いたとおり、聖域なき見直しの時にはまだ真実の追究が遅まきながら始まったばかりであり、手探りだったわけであるが敵一味はこの真実追究の遅れに乗じて鉄道趣味や機材のせいにして矛先を逃れ、以って折角回復した機材を失わせたのであった。それに気付かせないために敵一味はネット工作員に粘着行為を行わせ、破却に抵抗する振りをした、つまりプロレスに巻き込んだのであった。
如何に鉄道趣味の破却がその時の結論であったとしてもカメラ機材には何の関係もなく、破却を理由に機材を売却或いは代替する必要は無い。だが、敵一味は破却の決定に託けて機材に矛先を向けさせて無用の売却をさせ、しかも当時まだ結論の出ていなかった宗教問題に対しては「今後も(敵宗門の)信仰を続けろ」という結論だけを何の道理も筋道も抜きで押し付けてきたのである。事件の起きた’14.11.15は敵宗門では「目師会」つまり日目の命日であり、これに託けてもいたのである。尤も、この押し付けは程無く見破られ脱退を防ぐことは出来なかったのである。
その後も敵一味は機材の売却と再購入を繰り返させ、これがそっくり筆者にとっての損失且つ敵一味と眷属にとっての利益になっていたのである。
敵一味の利益は金銭的なものだけではない。私を運命操作によって不幸の境涯に押し込めておくことによってこれを出汁にして信者に対する引き締めや再洗脳そして脱退防止のために利用しているのである。
昨年機会があってカメラを再整備することになった際も、敵一味は門外漢女※の存在と過去のスキャンダルを出汁にして感情操作を行い、然るべき機材を選択させないようにして以って短期間で代替させ、更にそこでも然るべき軌道修正をさせずあのようなまるで戦えない問題だらけの機材を選ばされたという結果になった。これがフォーシングでなくて何がフォーシングだというのか。

フォーシングの結果に過ぎなかった過去の入信強要

筆者が忌まわしき敵宗門に引きずり込まれたのは’03年9月のことであるが、これは典型的なフォーシングによる結果である。
まず無用の関西遠征に行かされたこと。これは遠隔洗脳操作による結果であると一家では見ており、偶然を装っていた石之坊講員岩下容疑者も実は予め敵一味によって予定された遠征スケジュールに合わせて派遣されていたものであり、「必ず」帰りの途で鉢合わせするようにプログラムされていたのである。
その後筆者は鵜呑みにせずに調べを行ったが、そのときに検索した情報が偏っており、敵宗門に都合の悪いサイトは一切見せないようにされていたのであった。少しでも都合の悪い記述があれば、宗門に引きずり込むのに不都合が生じる。下手すれば破談になりかねない。そこで情報操作を行い、都合の悪い情報を遮断し宗門に都合のよい情報だけが検索されるようになっていた。なお、2003年当時にはまだ「アンチ日蓮正宗オフィシャルブログ」そのものが無かったようである。
更に岩下容疑者のいかにも好意を装った行動によって思考にフィルターがかけられ、これによって「疑う」というごく当たり前のことが妨げられていた。典型的なマインドコントロール手段だ。やはり殆どの法華講員は工作員であると云わなければなるまい。

フォーシングだけではない。
最近多用される手口が下記ツイートに記したものである。


たとえば、近くに出かけさせて外そうとする時にわざと遠くに行かせるような操作を仕掛けて、拒否するとあっさり引き下がって近くの目的地を提示してまんまと出かけさせるといったことがこれに当たる。これによって然るべき好機を逃させられた事件が発生しており、更に押し止めの洗脳操作によっても好機を逃させられるなどしており、大変問題視している。
これには二つの目的があると見ている。
一つは運命操作の一環であり、それは先述のとおり私を不幸な境涯に押し込めておくことによってこれを出汁にして信者に対する引き締めや再洗脳そして脱退防止のために利用しているものである。
もう一つは筆者の移住計画を妨害し大災害から逃れさせまいとしていることであると見られている。そのための収入妨害である。しかも収入妨害をしておいて余計なものは洗脳操作で買わせようとしているのだ。それによって資金を奪う腹積もりらしいのでそんなものにはNOを突きつけてやる。またそれによって趣味ごとのせいにして矛先を逃れられるとでも思っているのだろうか。それはさすがに問屋が卸さない。
趣味ごとを利用してハタカセて資金を奪おうなどとする連中に更生は期待できず、死罪が相応しいだろう。洗脳講員に付けるクスリは無い。
共謀罪ができれば法華講の連中の集団謀議もアウトだろうから、そのつもりでいろ。

必ずや敵一味の包囲網を打ち破り、自分の人生をこの手に取り戻す。

※門外漢女とは
筆者が石之坊に隷属させられていた当時に宗門僧の命によって私に対する交際類似行為や不当介入に従事していた女講員の通称。現在当該は石之坊で役員として認証された状態であり、私に対する謀略の功で役員に任じられたものと見られている。過去記事も参照のこと。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です