雑感 2016.11.14

投稿者: | 2016年11月14日
この記事のURL:http://barbara.peintre-celebre.com/weblog/blog-entry-50.html

2015年1月10日に私は長年隷属させられていたカルト宗教から脱退した。
しかし、これに対して敵一味は常人では考え難いほど執着してきた。
その後事後処理の実施によって形の上では切り離しているが、今なお敵一味はあの手この手で行く手を遮り、復興を妨害しているのが現状である。

先日私は以下のツイートを投げた。


敵一味はツイートを見ているはずであるが、これに対して敵一味は何ら誠意を見せないどころかますます妨害の限りを尽くす有様であり、償いをする気など微塵も無いことがはっきりしてきた。

敵を変えることは不可能であり、であればこちらが対応を変えるしかないということである。

宗教に囚われていた11年間は、荒廃してゆく一方であり、歴史には残してはいけない11年間だった。
これも全ては真実の追究からスピンした敵一味の謀略によってこのような状況になっているのであって、そこには最早情状酌量の余地など些かも無い。

しかも敵一味が絡んできたのは向こうの身勝手な都合だけであってこちらには絡まれるような覚えも筋合いも無いのだ。
真実の追究からスピンした挙句に引きずり込むようなことを向こうがしなければ、それ以上のことは起きないからである。
たかが勧誘を断られた程度のことで敵認定するというのはあまりに視野狭窄、杓子定規な考えである。
かつて門外漢女のことを視野狭窄、杓子定規と書いたが、こいつだけではなく宗団全体が視野狭窄であり杓子定規なのである。
勿論、傘下団体や下部組織も全て同じである。

よって、今後宗教関係の者の復権はまずあり得ないということである。
これを実体化するべく、全僧俗を対象とした排除命令を発布し、従わない者は即永代追放とすることとしたのである。

以前書いたように荒廃からは立ち直りつつあるが、経済的な復興が未だ成し遂げられておらず、新天地への移住も未だ実現していない。
これまで大目に見てきた事柄も、今後は厳しくしていかないといけないということであり、それは不要不急の物品には一切カネは出せないということを意味する。

経済的な復興と新天地への移住は何としても実現しなければならない、一家の至上命題である。
これを妨害する者は理由の如何、故意性の有無に関係なく一律に敵と見做さなければならない。
したがって処断においては故意性の有無、悪質性の有無、組織性等は一切考慮しない。
結果として一家の事業を妨害すれば直ちに敵性の者と見做すのが当家のやり方だということである。
このことをはっきりと行動として示さなければならない時が来たということである。

今後は一定の成果を残すまでは不要不急のあらゆる物品は一切購入できない事となり、カメラレンズも例外ではない。
全ては稼いできてから、というのが当家固定の方針だということである。
生活上必要な設備・物品は一通り揃っており、特に外出せずとも過ごせるようにそっち方面を充実させてきたのであるからそこは厳しくやる。
したがって、今後しばらく趣味ごとにカネは出せないということであり、各種の導入は滞ることとなるのでそこは承知いただく。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です