未来へと続く橋

投稿者: | 2016年10月7日
この記事のURL:http://barbara.peintre-celebre.com/weblog/blog-entry-29.html

辺境の町は川の左岸にある。
当家の仮本部から目と鼻の先に、未来へと続くべき橋が架かる。

dscn1005
未来にかかる橋を見上げる

dscn1012
国境方面を望む

dscn1021
対岸からの眺望

近い将来に予定している辺境の町からの脱出・移住に際しては必ずこの橋を渡って新天地へ向かうことになる。鉄道橋ではない。

将来予定している移住に向けた枠組みは既に固まっており、今後はそれに基づいて下準備と資金調達を行っていくことになる。
新しい枠組みにより、2年後までにはほぼ確実に移住できるように計画を策定し、そのために運営の根幹から改革を行った。
凡そ貧窮化の時代に何か新しいことをしようとするには緻密な戦略と立案が必要になってくる。
今回より、1ヶ月毎に戦略と立案を行っているが、半期で戦略をまとめた上で6か月分の行動計画と予定表を予め作成してある。
したがって、この予定表にないことは原則として出来ないということになる。
勿論辺境の町住民との交際交流など論外であるのは云うまでもない。なぜならそのようなことは移住の妨げ、移住の足を引っ張る結果にしかならないからである。
今までには無かったことではあるが、敵が私をコントロールできなくなっている今日に於いては今までに無かったようなことに対しても予想して警戒してゆかねばなるまい。
なぜなら、これまでがそうだった様に、敵一味は私を辺境の地から逃さないようにするためにはあらゆる手段で押し止めてきたからに他ならない。
それは、今まで散々煽っておきながら実際には行われることの無かった、交際型交際事犯であり、それは交際類似行為とは異なる。
他のあらゆる手段が通用しなくなったときには、敵一味と雖も孤立化の崩壊というリスクを犯してでも交際型交際事犯によって移住を押し止めなくてはならなくなるのだ。それは利権勢力間というより敵一味の内部においてそのような取り決めがあるからに他ならない。
現に、当家の状況としてはプロジェクトの開始に先立つ足場固めが行われ、一家内においてほぼすべての環境整備が終わり、今後に関する取り決めも行い煽りネタと呼べるものがほとんど無い状況にまでなっている。音源購入は新譜を除いて凍結が決定し、それに伴う緊急整備も終わった。唯一残っているカメラレンズ問題についても、既に枠組みを定めた上で織り込み済みであり、それにしたがって行うまでである。

同じ失敗を何度も繰り返すと思ったら大間違いである、なぜなら体は同じでも中身が入れ替わっているからである。それを理解しない謀略の類は、死んだ人間に対してむきになって狼狽しているのと同じであるから良く覚えておけ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です