対岸の町

投稿者: | 2016年10月5日
この記事のURL:http://barbara.peintre-celebre.com/weblog/blog-entry-28.html

幾分きれいな対岸の町

dscn1022

dscn1024
幾分と書いたが、薄汚い辺境の町との違いは火を見るより明らかである。
敵一味は当初から現在の薄汚い辺境の地に誘導する計画で事を進めていたようだが、当家としてはそういう計画ではなく、杉並に残るという選択肢も取れたし、茨城など眼中にも無かったのが本当のところであり、実際に当初行動に移したときには別の地で探して申し込みまでしていたという経緯がある。勿論この話は今日まで公開をはばかられていた話であり本邦初公開である。
なお、杉並に残るという選択肢が潰されたのは敵一味の手回しによる不動産会社社員の恫喝行為の影響であり、これによって心理的反発及び心理的外傷を負わせて再起不能にしてしまおうという小汚い謀略であった。仮にこの者が少しでも誠意ある態度で話をしていたなら、何とか挽回して再起を図ろうという気持ちが湧いていたはずであり、それをさせずに都合の良い誘導を行うための環境整備であったというべきなのである。

敵一味の謀略により最初の候補地が潰され今日の薄汚い辺境の町へと誘導された経緯があったが、敵は事もあろうに汚い手段で私の行動を改編し、書かなくてもいい事を申込書に書かされたことが大きく影響している。
裏を返せば、それほどまでに日蓮正宗は世間一般からも嫌われているということに他ならず、謀略でしか教勢を拡大できない正真正銘のカルト教団であることの証左に他ならない。
かつて敵工作員故・岩下容疑者の工作によって入信の話が来たときにも、当然調査はしていた。しかし、敵一味の誘導によって都合の悪い情報は隠蔽され、相談するべき親とも当時疎遠にさせられておりそのような情報を記載したサイトも無かった(設立は後年のことであった)ために引きずり込まれてしまったという経緯があったのだ。
杉並移住後に親と疎遠にさせたのも、宗教に引きずり込んで私の人生を破壊するためであり、それをやり易くするための薄汚い環境整備だったのである。入信前に親に相談することが出来ていれば拒むことが出来、こんな人生にはならなかったはずである。何故なら、父は創価が宗門の傘下団体であることを理解しており、断固として入信を拒んでいたからである。そのプロセスを踏ませないための薄汚い謀略を宗門はやっていたのだ。

いずれにしても、移り住んだのがこちらであれば、こんな悲惨な結末ではなく違ったものになっていたであろうことは明白なのであり、人の人生を平然と食い物にした日蓮正宗を決して許してはならないということであるし法華講員どもを許さないことには相応の意義が存ずるのである。

ふたつ前の記事でも明らかにした通り、当家はごく近い将来に移住を敢行する計画を進めており、現在はその前段階として足場固めを進めているところである。
移住後は関東人ですらなくなり、二度と関東には戻ってこないため都合の良し悪しを度外視して現状の記録に励んでいる訳である。

なお、パントルセレブルの砦サイトでは法華講工作員による不当干渉や引き戻し工作に対しては一の例外も無く刑事対応するからよく覚えておけ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です